美味しいものがたくさん!沖縄の食べ物

スタミナたっぷり!ゴーヤチャンプル

沖縄の人が長寿であるのは、ゴーヤを食べているからという説があるほど、栄養価の高いゴーヤ。少し苦みがありますが、その苦みがまたやみつきになるのです。
「チャンプル」とは「混ぜ物」や「炒め物」というような意味があります。「ちゃんぽん」という意味合いとも似ています。
ゴーヤチャンプルは、ゴーヤと豆腐、肉と野菜と卵の炒め物です。ビタミンやたんぱく質、ミネラル成分などを摂取できます。塩味が付いていますが、酢をかけていただくのも美味しいでしょう。
沖縄にはゴーヤチャンプルを食べることができる飲食店がたくさんあります。美味しくて栄養もある沖縄のソウルフードとも言える一品なのです。お酒にも合うこと間違いありません。

海ぶどうの酢の物ともずくの天ぷら

海に囲まれた沖縄は、ミネラルいっぱいの海の産物もたくさんあります。
その中でもよく知られているものが、まず「海ぶどう」です。海ぶどうは緑色の葉のようなものに小さな卵のようなものがいっぱい並んで付いており、口に含むとコリコリプチプチした食感を楽しむことができます。
見た目から、「グリーンキャビア」と呼ばれることもあるようです。
海ぶどうは酢の物にしていただくことが多いですが、とにかく食べ出すと止まりません。
もうひとつ、沖縄でよく見られる海藻の料理が、「もずくの天ぷら」です。一般的にもずくも三杯酢で食べることが多いですが、沖縄ではカラッと天ぷらにしていただきます。パリパリとお菓子のようなもずくの天ぷらも、栄養価が高い1品です。